美容クリニック(美容外科・美容皮膚科)と一般病棟の仕事の違いってナニ?

美容皮膚科看護師仕事内容

美容クリニック(美容皮膚科・美容外科)と一般病棟が大きく異なる点は、前者は体を患っている人に対して治療を行うのに対し、後者(美容皮膚科・美容外科)は健康な人を対象にして、より美しくなる為の治療・手術を行うという点です。

 

オペの内容は医院によって様々ですが、ニキビの治療から豊胸手術・脂肪吸引・二重手術・鼻や顎等のフェイスラインの整形、流行りのレーザー脱毛、多汗症などの治療やオペを行います。

 

それらの治療は病を治す為では無くあくまでも美容の為、とされるので健康保険は適用されません。意識の面から見ても、風邪で病院にかかるのと、レーザー脱毛を受けるのとでは大きな違いがありますよね。

 

そして健康保険が適用されない施術がメインとなる自由診療である為、患者さんは高い費用を払って施術を受ける事になります。患者さん側には「高い費用を払ってサービスを受ける」という意識が強くなる傾向にあり、患者さんへの接し方には通常の病院とは違った注意を払わねばなりません。

 

病院ではありますが、美容皮膚科の看護師には接客業やサービス業のような意識も強く求められてきます。つまり、病院に勤務する看護師よりもマナー面が厳しい、と言う事ですね。

 

いかに心地よい時間を提供できるか、というのが美容皮膚科・美容外科にとって大切になってくる事もあり、施術内容もそうですが、美容皮膚科勤務では診療の仕方や患者さんに向ける意識の持ち方が一般病棟勤務とは随分変わってくる物の一つですね。

 

患者さんと接する業務以外にも、広告代理店や業者との打ち合わせなども多く、看護師という役柄だけではなく、一般に言うOLのような要素も持ち合わせているというのが、美容皮膚科看護師の実態だと思います。